とにかく安い車が欲しい!安く中古車を買うポイント3選

フルモデルチェンジ後を狙う

一般的にどんな車でも6年前後でフルモデルチェンジをします。デザインや性能を一新し、顧客のニーズに合わせた車を販売するのです。フルモデルチェンジ後は、旧モデルの車の需要が極端に減り、価格が下落していく傾向にあります。フルモデルチェンジをきっかけに、車を買い替える人が多くなり、旧モデルの車の在庫が増えるのも価格下落の要因の一つです。とにかく安く車を買いたい人には、フルモデルチェンジ後が狙い目の時期だと言えるでしょう。

不人気車は安く買える可能性が高い

売れ行きがあまり良くないとされる不人気車は、安く買える可能性が非常に高いです。人気がないというだけで安くなり、中古車だと更に値引きされて買えることも多くあります。デザインが良くなかったり、宣伝に失敗したりなど、不人気である理由はさまざまなものがありますが、車自体は高性能であることも珍しくありません。同クラスの車と比べても値引き率が高く「車を買うときは安さ第一!」という人にはうってつけの車です。

個人間で売買してみる

個人間で取引をすることで、中古車販売店よりも安く車を手に入れることができます。個人間の売買では、中古車販売店で車を買うときに発生する中間マージンや諸経費などが必要ないため、安く車を買うことができるのです。ただし、個人間の取引では、トラブルになりやすいため注意が必要です。トラブルが発生しても当事者間で解決しなくてはいけません。また、売買時の手続きをすべて自分でおこなうため、ある程度の労力が必要となります。

ボルボを仙台で買うことが出来ます。中古で買いたい場合は、ボルボの販売実績がある販売店を事前にインターネットで調査しておくと安心です。